スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株価9割以上下落なら上場廃止!「マザーズ」改正案!
2009年08月23日 (日) | 編集 |
東京証券取引所がまとめた新興企業向け市場「マザーズ」の
上場規則改正案の内容が23日、分かった。

上場廃止基準を厳格化し、上場時から株価が
9割以上 下落した状態が続いた場合、上場廃止にする基準を新たに追加する。

株価が長期間低迷し、成長の見込めない企業を市場から
撤退させることで、企業に投資家を意識した経営を促すことを狙う。

東証は25日の取締役会に改正案を諮り、
市場関係者からの意見を踏まえたうえで、11月にも新規則を導入する方針。
今後新たに上場する企業を対象にし、既に上場している企業には適用しない。

新たな規則では、上場時の公募価格よりも9割以上株価が値下がりし、
9カ月程度の猶予期間中に株価が一度も回復しない場合は上場廃止となる。

これまでも株価と株式総数をかけた時価総額が3億円を下回った状態が
一定期間続く場合などに上場廃止となる規則がある。

しかし、増資などで株数が増えると時価総額が底上げされるといった
問題点があり、株価を基準に加えることにした。

マザーズはベンチャー企業育成のため東証が99年に開設。
東証1部、2部への昇格を目指す市場と位置付けている。
しかし、上場後に業績が長期低迷する企業もみられ、
市場活性化のため規制強化を求める声が出ていた。
(ネットニュースより抜粋)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へIPOラッシュへの祈願クリックしよう!

業界屈指の低スプレッドFX会社!DMM FX!
DMM FX
固定スプレッドで大人気FX会社!フォレックストレード!
フォレックストレード
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。