スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東証1部企業「2部落ち」今年すでに4社
2009年07月24日 (金) | 編集 |
東証1部の上場企業で2部に指定替えする企業が相次いでいる。
今年はすでに4社が2部落ちの憂き目にあい、
さながら“降格ラッシュ”の様相を呈している。
金融危機に端を発した不況で業績悪化する企業が続出しているためで、
景気の回復に時間がかかれば今後も降格企業が続出する懸念もある。

東証1部から「2部落ち」した企業は、現在の制度になった2004年度から
08年度まではわずかに7社を数えるのみだったが、今年に入って急増。
4月に不動産投資ファンドのパシフィックホールディングスが2部に降格し、
7月1日にはやはり不動産業のアトリウムが降格。
8月には、電気機器の島田理化工業とFDKも2部に移されることになっている。

東証によると、降格した理由は4社ともに「08年度末で債務超過に陥ったため」だ。
昨年9月の「リーマンショック」以降の深刻な不況で、
不動産や電機などの業界では業績が悪化し、
大幅な赤字や減益を余儀なくされる企業が相次いでいる。

パシフィックHDは、リート(不動産投資信託)2社を傘下に抱えて急成長したが、
昨年の不動産市況の悪化で資金繰りが行き詰まり、
3月に会社更生法の適用を申請して破綻。
2部に降格して1カ月余りで上場廃止に追い込まれている。

アトリウムも、親会社のクレディセゾンが完全子会社化による
再建に乗り出すことになり、7月28日に上場が廃止される予定だ。

■東証1部から2部に降格した最近の企業■
2004年 ニチモ、関西汽船
2007年 ニイウスコー(上場廃止)
2007年 ネットマークス、
2007年 オリエントコーポレーション
2007年 サンテレホン(上場廃止)
2008年 ラディアHD
2009年 パシフィックHD(上場廃止)
2009年 アトリウム(上場廃止予定)
2009年 島田理化工業、
2009年 FDK

(フジサンケイより一部抜粋)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へIPOラッシュへの祈願クリックしよう!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
バトルステーションズ パシフィックの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「バトルステーションズ パシフィック」へ!
2009/07/24(Fri) 10:25:33 |  バトルステーションズ パシフィック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。